読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療群では、両手使用を要求される年齢相応の運動リストに基づき、

背景 一方、多職種による集中的リハビリテーションを受けた群では抗パーキンソン病薬の内服量は対照群より有意に少なく、研究期間終了後MAOB阻害薬のみの治療のものは75%いた。また、COPD患者にとっては、加齢と疾患の両側面によって筋肉量の減少がみられる…